計画を立てる

注文住宅のプランニングをする時に注意したいことは、現時点だけのことを考えてプラン作らないことが大切です。また、注文住宅のプランニングでは、建物の内部だけでなく敷地全体を住まいとして考えることも必要です。

色々な住み方

賃貸物件を友人同士でシェアすることに人気があります。また、家賃は物件によって変わりますが、その築年数などによっても変わってくるので、家賃下落は常に予測しておくことが大切です。

別荘を利用

別荘は維持費の高さから、それを売却する人も増えています。自分で建物を所有するのではなく、借りるという別荘シェアというものがあります。今まで別荘に手を出せなかった人が気軽に利用できることで人気です。

サービス

一軒家を建てる場合、まず土地を購入する必要があります。土地はデベロッパ―が扱っているパターンと不動産屋が扱うパターンがあります。また、不動産会社に仲介をしてもらうメリットは売主買主ともにあります。

トレンド

現在のトレンドとして防犯性に優れた賃貸マンションが売りになっています。フリーレントというサービスがあり、一定期間の何ヶ月間は家賃や駐車料金を無料にしてくれるサービスです。

心構え

住宅を手に入れる際の心構え

住宅は一生で一番高価な買い物とも言われています。実際に安くても数千万の費用が必要になり多くの人はローンを組んで一生をかけて返済をします。中でも注文住宅は価格の幅が広いので平均価格を参考にしてもそこから数千万円単位で費用が上下することも珍しくありません。注文住宅を購入する場合に大事なことは自分たちがどの程度の住宅を欲しいと思っているのか、住宅購入が今後の人生設計においてどれほどのウェイトを占めるのかを見極めたうえで資金計画を立てることが求められます。 更に住宅といっても建物だけを手に入れるのではなく多くの場合土地と建物を購入します。ですから費用を考える時にはこうしたトータル費用を重要視して計画を立てることが大切なのです。

今後の注文住宅の在り方

注文住宅という建築方法はここ数十年の間に広まり注目の集まっている建築方法です。昔は住宅に住む空間としての機能のみを求めているケースも少なくありませんでした。しかし最近のライフスタイルの多様化や家族関係の複雑化などで一つ屋根の下で暮らしている家族の構成や生活スタイルまで多種多様となりました。こうしたことから住宅に求められるものも複雑にいくつもの要素が絡み合っているものとなっているのです。 今後人口が減少し更に高齢化が進むにつれ新築住宅の建築件数は少なくなることが予測されています。しかしそういった時代だからこそ注文住宅という建築方法はより多くの人の生活を快適にする建築方法として注目されているのです。